予期せぬ発見

もう20 年以上も前になりますが, 「深田研究助成金」というのをもらい,それに関連して 2014年の夏に書いた一文を見つけたので載せておきます.

最近の院生の文献収集のやり方を見ていても, 必要なものをダウンロードするだけなので,予期せぬ文献を見つけることなどまずないだろうなあと思う,それと同じ類の話です.無用の用のことですね.暇な時は図書館にいって雑誌でも本でもパラパラ読みをしては如何.予期せぬ発見があるかもしれません.

 

予期せぬ発見

前田仁一郎 (北海道大学)

私は「北海道日高山脈に露出する大陸地殻の形成プロセスの解明」という研究課題に対して 平成 8 年度「深田研究助成金」を頂きました. 心から感謝申し上げます.

学生の頃から「深田研究助成金」を頂いた頃まで, 人よりもヒグマのほうが確実に多いだろう日高山脈北部の広大な地域で,時にはザイルを背負って沢をつめては国境稜線に立ち, さらには隣の沢を降りてくるというような古典的なフィールドワークを行っていました. 学生時代をたっぷりと山岳部員として過ごしていたので, そんなに大変ではありませんでしたが, 沢山のガブロの試料を背負って滝を降りるのに苦労したことは何度もありました. さて, そんな学生時代, 先生たちは「先入観無しに山を歩け」と教えました. しかし 級友はチャート層が隣の沢につながるはずであるという当時の先入観に基づいて地質図を書きました. 今から思えばメランジェの中のブロックであり, 苦労してつなげることもなかったのです. 自然科学, 特に地質学においては「先入観無しの客観的な観察」などあり得ないということ, 観察の理論負荷性とか理論依存性と呼ばれることを私が強く意識するのは卒業後だいぶたってからのことです.

当時の先生たちは「この地域は良く判らんからちょっとやってみろ」というような感じで 数 km (時には 10 数 km 以上) 四方の調査地域を学生に与えていたこともありました. しかし, その後になってこういうやり方はまったくダメだということになりました. 先行研究の結果からきちんと限定された面白いテーマを与えなければいけないということになったのです. それまでに書かれた地質図や柱状図や論文の中の「面白いピンポイント」を効率的に狙うという賢いやりかたが主流となり, 広大な地域を「先入観」無しに, 「限定されたテーマ」無しに歩き回るということは無くなりました.

このこと自体は大変合理的であるように思われます. しかし私には 1 つ気になることがあります. それは, 先行研究の結果から導かれた「面白いピンポイント」だけを狙っている限り, 面白そうでない所で「予期せぬ発見」に遭遇する機会を失うことになるかもしれないということです. 駆け出しの頃に広大な地域を歩いたおかげで私は奇妙なものをいくつも見つけることになり, それらの内のいくつかは日高火成活動の研究にとって決定的に重要な試料になりましたし, 後に院生・学生の研究対象にもなりました. 先入観無しでも先入観ありでも何でも構いませんが, 広大な地域を歩きまわり, そしていろんなものを見ることもまた有意義なのではないかと思います. 予期せぬ発見に結びつきそうな非効率的なスタイルの研究をも「深田研究助成」がサポートしてくださることを切望するものです.

イチローと国民栄誉賞

褒められたい,評価されたい,名声を得たい,勲章が欲しい,そんな人が多い中,イチローは三度も国民栄誉賞を断った.政権の政治利用だという人はいるかもしれないが,イチローには誰も批判じみたことはいわないだろうに.多分彼は褒められたくてやっているのではなくて,自分の価値観で,自分がやりたいからやっているのだと言いたいのだろう.褒められなかったらやらないということではないということなのだろう.褒められるかどうかが彼のモチベーションではないということなのだろうと思う.

最後まで軟着陸はしない

最後まで軟着陸はしない.他人の評価・社会的評価など一切気にせず,自分のやりたいことにあくせくし,しぶとく,諦めず.自己満足と馬鹿にされても一向に構わない.もちろん,自己満足こそ至高のものだと考えているので,そう評価されるのは最高の勲章だ.

プロボノという言葉を知った.<「プロボノ」とは、「公共善のために」を意味するラテン語 pro bono publico を語源とする言葉で、「仕事で培った専門的なスキル・経験等をボランティアとして提供し社会課題の解決に成果をもたらすこと」.HRCG の目的の一つもそこにある.

eemachi.pref.osaka.lg.jp

火成岩の名前を勝手に変えてみた

昨日,旭川のある団体の依頼で1時間半程の講演というか講義を行ってきた.講義の副題は「予備知識ゼロの地学入門」.そのなかで,一般の市民の方にも火成岩のことを直感的にスムースに把握してもらおうと <国内外の全ての権威ある機関やありとあらゆる教科書にたてついて> 名前を勝手に変えてみた.苦鉄質岩・塩基性岩は「黒岩」,中間質岩・中性岩は「灰色岩」,珪長質岩・酸性岩は「白岩」.深成岩・火山岩にかわらずだ.超苦鉄質岩は「真っ黒岩」.真っ黒が溶けると黒いマグマができ,泥や砂が溶けると白いマグマができ,黒と白が混じると灰色のマグマや岩石ができる...てな具合.海洋域では真っ黒の上が黒でその上も黒が重なっており,大陸地域では真っ黒の上は大体は黒・灰色・白の順.どうです.海洋と大陸の下の岩石の種類や化学組成が全然違うのです.海と陸は地形の凸凹や海水の有る無しが本質的な違いではないのです,と言えば大体の方はスムースに理解してくれる.火山岩と深成岩の違いは市民の方も直感的にわかるから,必要に応じて黒の火山岩とか白の深成岩と呼べばよい.この名前の使い方は <教育的利便性において> 多分革命的に優れていると思う.とにかく中々良いアイデアだと自画自賛.しばらくこれで行ってみよう.

好ましくないもの2点 <20190331 >

好ましくないもの2点.<自分の損得で動くような人間にはなるなと子供の頃から言われて育ち,そうありたいと思ってきた & きてているので> 国益を主張するのが当然の前提であるというような姿勢の報道.それに今日はとりわけ <少数者の存在を含む多様性を認めることが必要だという割には> 新元号期待論で溢れかえる報道.

今だからこその「地学のすすめ」:地球を知り,地球と付き合い,地球を楽しむ

北海道内のある自治体の市民向けの講座の講義を依頼され,昨日,広報用の資料のために講義のタイトルと概要を送った.ちょっと長いので削ることになるかもしれないので,ここに記録しておく.ちなみに講義をするのは夏になりそう.

 

講義タイトル

今だからこその「地学のすすめ」:地球を知り,地球と付き合い,地球を楽しむ

 

講義概要

最近,地震や火山の噴火,あるいは地すべりや土砂崩れなど,自然災害があちこちで発生し,皆さんも地球をこれまで以上に意識するようになってきたのではないでしょうか.自然災害は私たち人間にとってとても深刻なものですが,地球に悪気はありません.地球は人間の都合を忖度することなく,地球の理屈で生きているだけなのです.その地球の理屈を学ぶのが地学・地球科学なのですが,日本の学校教育の中での地学の存在は極めて小さく,ほとんどの国民は義務教育が終わってから地学に触れることがありません.

地学の目的は防災といった実利面だけではありません.地球という小さな惑星の上で生まれ,進化してきた生物種の一つ (の中の一人) として,「母なる地球」と「私たち」自身が「どこからきたのか,何者なのか,そしてどこへ行くのか」というある種,根源的なことを考えてみるのも人生の精神的豊かさの現れであると思います.この私が今ここに存在すること自体,46億年におよぶ地学現象の積み重ねの中の奇跡的偶然の結果であると考えてみると (大袈裟のようですが),実に不思議な感覚を覚えます.

NHKの番組「ブラタモリ」をみたことのある方はお解りでしょうが,身近なちょっとした地質・地形も,地球の営み,つまり地学現象の結果ですから,過去のことについて,いろんなことを教えてくれます.例えば,地層というものはほとんどが海の底にたまるものですから,裏山の崖に地層が見えるところはどこでも海であったことが解ります.それが解ったからと言って何も実利はありませんが,そうと解るだけでも,とても楽しい気持になれるのではないでしょうか.

災い転じて福となすといいますし,思い立ったが吉日ともいいます.この講義では上に書いたようなことをお話ししますが,皆さんが地学に親しみ,その結果として,地球と上手に付き合い,そのことで人生を豊かにされる,そのきっかけの一つになれば大変幸いです.

 

 

野外調査と安全

退職前に書いた謂わば「雑文」の類をひとつ見つけたので...

在職していた大学の「安全衛生委員会委員」というのをやっていた際に学生向けの広報誌に掲載されたものだと思う.ファイルの日付は2015/10/28であった.<よく見たら 2005/10/17 付であった>

安全豆知識:野外調査と安全

少なくてもかつては「北大は野外調査に強い」という評価のようなものがあった (or 今でもある?).入れ物である大学がどうのこうのというよりも,野外調査に強い感動を覚える人たち,好奇心にあふれ,探検や冒険に憧れる子供のような精神をもった沢山の人たちが北大にいたからだろう.僕が属する専攻の前身は地質学鉱物学科という名称で,やはりその典型のようなところであった.日高山脈など北海道内外の,どちらかというと調査自体に困難が伴うような場所の地質や岩石を精力的に研究する人たちが沢山いたし,ヒマラヤや南極・北極といった,これまた常人には近づき難い領域の地球科学的研究のパイオニアも多数出現した.学生諸君は見ていないと思うが,高倉 健が主演した映画「南極物語」にもその一端が出てくる.

野外調査・研究は大変である.野外だけで研究が完結することはなく,引き続いて実験室内で実験を行うことが普通なので費用も時間も余計にかかる.ところで,野外調査で危険に遭遇する確率は実験室で行われる研究の場合に比べて相当高いに違いない.もちろん,実験室内とは大いに異なり,野外の様々な条件を人間がコントロールすることは不可能だし,直ちに安全な「実験室の外」に避難することも難しいからだ.

野外での調査・研究は様々なアプローチのうちの1つに過ぎないから,別の方法を選ぶことも不可能ではないし,そのほうが賢いようにも見えることもある.しかし,例えば地球科学のように,それ抜きに健全な発展がありえない学問分野もあるから,完全に放棄するわけにはいかない.僕自身のことをいうと,学生時代には山岳部で山登りに明け暮れていたのだが,その特技をいかしたというわけでもないが,大学院以降は日高山脈北アルプスカラコルム山脈オマーン山脈などで調査を行ってきた.最近ではインド洋や大西洋の深海底掘削航海や潜航調査にも加わっている.

さて,野外調査の際の危険にどう対処するのか,あるいは事故が発生した場合にどう対処するのか,その制度的な方策は,現時点ではまだ十分に整備されていないようにみえる.例えば,北大全体に通用する,完全な野外調査用「安全の手引」は多分ない.

もちろん制度的方策の確立は当然である.しかし同時に野外で調査・研究をおこなう人たちの日常的な準備が不可欠であることはいうまでもない.その場合,多分最も重要なのは,何が危険なのかをきちんと知ることである.野外調査に限ったことではないが,危険に無知であることが事故の最大の原因となる.それに,都会での生活になれた人間にとっては野外にいること自体がストレスとなり,じっとしていても肉体的・精神的に消耗する.野外に存在する危険を知るとともに,野外の生活を楽しむことができるレベルに自分を近づける不断の努力と経験の蓄積が必要である.かるがると野外調査をこなす若い人たちがこれから先もこの大学に出現し続けるだろうと僕は思う.いろんな意味で野外調査は楽しくてexcitingであり,そしてそれは好奇心あふれる若い人たちが追い求めるものだからだ.